ウォーキングの効果

まず、毎日少しでも続けることが大切! そのうち身体にその効果があらわれてきます。はっきりと目に見える効果もあれば、体内に目には見えない効果・変化があらわれ、健康な身体作りをすることができます。 <% module(モジュール2) %>

■血液サラサラ効果  高脂血症に効果あり!!
ウォーキングをすると、体内に血液の流れる量が増え、血管に付着した脂肪(悪玉コレステロール)が洗い流されます。
つまり、、新陳代謝がアップして血行が良くなるだけでなく、血管にも柔軟性がでます。そのため、たくさんの血液を全身に運ぶことができるようになり、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、血液がサラサラになるのです。

■心肺機能が高まる  心臓病に効果あり!!
ウォーキングによって心拍数が増大し必然的に体内に酸素を取り込む能力が増加し、心臓や肺の機能を高めることになります。
心臓から送られる1回の血液の量が増えるため、心拍数が下がり、心臓への負担が減ります。

■骨が強くなる  骨粗鬆症に効果あり!!
ウォーキングすることで骨に刺激を与え骨を強化する働きがあります。 歩くことにより無理なく骨に刺激が加わり、骨が強化されます。また、血液中のカルシウムを骨に沈着させることができるので、骨密度がアップし、骨粗しょう症の予防もできるのです。

■血糖値を下げる  糖尿病に効果あり!!
ウォーキングによって肥満や運動不足が原因となる生活習慣病の予防となります。
血糖調節に必要なインスリンの働きが活性化し、血糖値を下げ、病気の進行を抑えます。

■ストレス解消  私の一番のおすすめ効果!!
ウオーキングでの適度な運動は日々蓄積するストレスを解消するのに役立ちます。
足の筋肉から脳細胞へと刺激が伝わり血液の循環がよくなりさらに脳が刺激され自律神経のバランスが良くなると言われています。また脳に酸素を取り込み脳の働きを活発にして脳の老化を遅らせる効果もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。