ウォーキングの方法

正しい姿勢でウォーキングをしてこそ、エクササイズとしてのウォーキング効果を高める基本です。

運動効果の高いウォーキングのフォーム(歩き方)

(1)基本姿勢は背筋をしっかり伸ばして胸を張り視線は10~15mくらい先をまっすぐ見るように します。 すると耳・肩・腰が一直線に、背筋がピンと伸び自然と姿勢がよくなります。

(2)肩の力は抜いて周囲の景色を見ながらリラックスさせます。肩に力が入るとエネルギーのロスにつ ながり、かえって 疲れてしまいますので注意しましょう。

(3)あごは引きぎみに意識してください。あごが上がると、背筋が反り返るような形になり腰に負担がかかり腰痛の原因にもなります。ウオーキングが長時間にり疲れてくると、あごが上がり気味になるので注意してください。

(4)肘を90度ぐらいに曲げて、腕わきを締め、腕を大きめに前後にまっすぐ大きく振ります。手は軽くこぶ しを握るようにするといいでしょう。慣れてきてスピードが出せるようになると、ひじを曲げてリズミカ ルに腕を前後に振ってウォーキングしてください。

(5)おなかは引っ込めて腹筋を引き締めるようなイメージで背中、肩の力を抜いて、首から背筋に向かっ てまっすぐ伸ばします。そして腰を常に高い位置で保つようなイメージで歩きます。

(6)なるべく膝を曲げずに歩幅は大きめにして早く動かし、特に足を地面に着地させるときはまっすぐにのばしましょう。足を踏み出すときは足の付け根から前に出すように、着地はかかとから行い、土踏まずつま先へと体重移動を意識して親指の付け根で地面を蹴り上げます。そうすると自然に足が伸びるようになります。

(7)歩幅は、できるだけ広くなるように心がけ、足の付け根から足を前に出し、かかとから踏み込んで、土踏まず、つま先へと体重移動を意識してくださいね。

  以上の7つの動作でしっかり運動効果が望めるフォームでウオーキングを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。